スポンサーリンク



本厄での引っ越し!気になるけど大丈夫?

本厄やその前後の前厄、後厄では結婚や入籍、新築や引っ越しなどさまざまな事柄に対して控えた方が良いということがよく言われています。しかし、実際の所はどうなのでしょうか?女性などの場合、30代では2度 厄年が訪れまるため、さまざまな事柄を厄年のために先送りにしたりすることがむずかしいこともあります。ここではその中の一つである引っ越しに関して、本厄での引っ越しはなぜ良くないのか、そして本厄(厄年)に引っ越しても大丈夫なのか?を中心に「本厄とは何か」、そして本厄での引っ越しは「実際の所はどうなのか」、厄年での引っ越しが気になる方への対処法などをご紹介したいと思います。

そもそも厄年とは?

厄年とは平安時代ごろにはすでに概念としてはあったと確認されており、現代の年齢を当てはめての厄年は江戸時代ごろより日本独自の風習として定まったようです。そしてこの厄年(本厄)の前の年を「前厄」、後の年を「後厄」といい、本厄の前後合わせて3年間厄災が身に降りかかる、降りかかりやすいとして万事に対し気を付けなければならないとされています。厄年の年齢は男性、女性で異なりますが、この厄年の年齢の前後には生活面や仕事面などから社会的地位・家庭的・身体的・精神的に大きな変化が起こりやすい時期なので、現代でも厄年を意識する人はとても多いです。

本厄の年齢は何歳?

本厄は男性と女性では違った年齢でとなります。地域により違った年齢や年齢の数え方が違う場合もありますが、一般的には下記のようになっています。

男性の本厄は25歳、42歳、61歳

女性の本厄は19歳、33歳、37歳、61歳

そして、この年齢(厄年)の数え方は、一般的には実際の満年齢ではなく数え年で見て行きます。数え年とは昔から使われていた年齢の数え方で、生まれた時をすでに1歳として、翌年の1月1日に2歳と数える年齢の数え方になります。例えば2月に生まれた赤ちゃんはすでに1歳で、次の年の1月1日には2歳になるということになります。すなわち1月1日から12月31日までに生まれた赤ちゃんは1歳で、翌年の1月1日から12月31日までは2歳とするということですね。この数え年ですが、地域や神社、お寺などにより満年齢で数えるところもあるようですので、自分の住んでいる地域ではどうなのか気になる方は近くの神社やお寺などで確認してみてください。

厄年での引っ越しが良くないとされるのはなぜ?

厄年での引っ越しが良くないとされる理由は、まさに厄年は厄災が降りかかりやすいとされる時期のためです。引っ越しばかりではなく様々な事に対し、障害となるものが現れたり、災難に見舞われるので「控えた方が良い」といい伝えられているからなのです。

厄年での引っ越しは大丈夫?

厄年での引っ越しに関して、結論から先にいってしまうと、実際の所、厄年の最中に引っ越ししても問題ありません。例えば、新しく大学生になる人や就職をして引っ越しをしなければならない年齢、転勤族で自分もしくはパートナーの転勤が厄年の真っただ中、ということはむしろこの厄年の年齢と重なることが多いのではないでしょうか?そんな時、厄年なので引っ越しできませんなどということはむしろあり得ないといってよいですね。厄年になぜ引っ越しや家の新築などが良くないかといわれているのかは前項で記載しましたが、その他に厄年には人生でいう皆さんの転機、節目といえる年齢の時期にあたる為、仕事では大きな事を任されたり、それこそ転勤が言い渡される、肉体的には身体の調子に変化が起きやすい年齢・時期であり、日頃の生活、子育てなどでもストレスや疲れがたまりやすい時期でもあります。そんな時に引っ越しをするとちょっとした不注意で体の具合を悪くしたり、ケガなどをしてしまう可能性があるので、気を付けてくださいという意味から来ていることですので、引っ越し自体が行けないと言う訳ではありません。

それでも厄年での引っ越しが気になる方へ

もしも厄年での引っ越しがどうしても気になってしまうというときは、引っ越し先の地域の神社やお寺で厄除け・厄払いをすると良いといわれています。厄年の習慣はその地域により様々ですし年齢の数え方なども違ってくる場合があります。厄年は自分自身に対する健康管理や仕事や家庭への向き合い方などを今一度見直すための良い時期とも言えます。厄年だからと気にしてばかりいては、人生のチャンスを逃してしまうことになります。厄年ということを気にし過ぎてネガティブになったり、自分にとって不幸なことがあると、厄年のせいにしたりしてしまうのは簡単です。しかし、すべては自分で導いたり引き寄せていることですので、物事をできるだけポジティブに考え、行動し、良い“気”を引き寄せて厄を追い払ってほしいと思います

厄年での引っ越しが気になる方への対処法

厄年での引っ越しが気になる方は、まずは上記で述べたように、引っ越し先の地域の神社やお寺で厄除け・厄払いを受け、その他には新しい家での吉方やそれに合わせて風水などを取り入れてみてはいかがでしょう。、簡単な運気UPや健康に良い方角やアイテム、色などを調べたりしてできるだけ不安な材料を取り除くということもよいかもしれません。一番はあまり気にしすぎず、ポジティブな考えをたくさん持つことが一番の対処法となるでしょう。

最後に

厄年はある意味人生の転機です。厄年だからといって何か新しい事にチャレンジすることを避けていると、自分にとっての人生を変えるタイミングを逃してしまうことになります。厄年ということは自分を見つめなおす良い時期と考え、気にしすぎないようにすることも大切なのではないでしょうか。良い方向に変えるのも悪い方向へ運気を変えるのもあなたの考え方次第です。

スポンサーリンク