スポンサーリンク



職場の異動・転勤で餞別をもらったときのお返しはどうすればよい?

社会人になると社内での移動や転勤はつきものといってもよいでしょう。その際に一緒に働いていた仲間や上司などが送別会を開いてくれたり、仲間から餞別を貰うことがあります。そんな職場からの異動・転勤に伴う餞別にはお返しは必要なのかな?と思う方は多いのではないでしょうか。ここでは、職場での異動・転勤の際に餞別をいただいた際のお返しは必要なのか、それとも必要ないのか、お返しはどのようにすれば良いかやお返しのマナーをご紹介したいと思います。

餞別をいただいたらお返しは必要?

一昔前の餞別というと、別れの際の餞(はなむけ)として贈られたものですので、餞別を受け取った方は旅立って、また再び会う事が出来るかわからないという状況で送ることが一般的でした。したがって、以前は餞別に対してお返しは必要ないとされていました。現在では昔のように一生会えないかもしれないという別れにはなりませんので、贈る側も餞(はなむけ)と今までのお付き合いなどに感謝する事や、これからの新しい門出を応援する気持ちで贈るようになってきているので、その気持ちにお礼(お返し)をすることが多くなってきています。そのため、餞別のお礼はシチュエーションや相手とのお付き合いの度合い、会社や地域の習慣などによりお返しが必要な場合と不要な場合を見極める必要があります。もしもお返しをした方が良いか迷っている場合は、お返しはしておくことをお勧めします。もちろんお返しはしなくても失礼には当たりません。

職場の異動・転勤で餞別をもらったときのお返しの相場はどのくらい?

職場への餞別のお返しをすると決めた場合、お返しのマナーはしっかりとして感謝の気持ちを皆さんに伝えたいと思うのは皆さん同じです。お返しの際の相場は一般的には頂いた金額や品物の三分の一から半返しが基本となります。お返しは頂いた品の金額より多くなると「いただいて迷惑でした」と相手に伝えているととらわれてしまうことがあり、餞別を贈ってくれた方へ失礼となってしまうことがありますので注意が必要です。職場の皆さんがみんなで出し合って一つの品を餞別としていただいた場合には、皆さんで楽しんでいただける食べ物やコーヒーやお茶などを贈ったりすると喜んでもらうことができるでしょう。

餞別のお返しをする際のマナー

いただいたものよりも高額のものは贈らない

上記でもふれましたが、頂いた金額や品物より高価なものを贈るということは相手の方に対して、「頂いた餞別が迷惑でした」という意味になりかねません。そのようなことがないようにお返し選びの金額マナーには気を付けましょう。

●食べ物を贈る際のマナー

皆さんで食べていただくお菓子などを贈る際にはできるだけ日持ちするものを贈りましょう。そして皆さんで分けて食べたりできるように、個別包装がしてあるものを選ぶことがマナーの一つといってもよいでしょう。個別包装してある物であれば、衛生面でも安心ですし、配りや酸いので皆さんで楽しんでもらうことができます。開封してすぐに食べなければいけないような品は出張でいない方などには配ることができなかったり、一人では食べきれないようなことがあるといけないので、避けるようにすると丁寧です。会社に贈る場合は、その贈る部署や課の総人数より多めの品にするということもマナーです。みなさんにいきわたらないようなことがあってはお返しになりません。

●現金はマナー違反

餞別のお返しに現金を贈ることはマナー違反です。必ず品物や手土産として用意し、金額が分かるものを贈る必要がある場合であれば、ギフトカードなどにしておくと良いかもしれません。近年ではコーヒーショップのギフトカードやコンビニでも使うことのできる少額のギフトカードもあるので、お礼としてそのようなカードを贈っても喜んでもらえるでしょう。

●お返しの品にはお礼状を添えて贈ります

異動や転勤の場合には働く職場の場所が変わることが多いので、お礼の品を自分で持って行くことはできないことがほとんどです。そんな時は郵送でお返しの品を今までいた職場の皆さんへ贈ることになりますが、ただ品物を贈るだけではただ餞別をいただいたので形式的にお返しを贈ってきたと思われてしまうこともありますので、感謝の気持ちを綴ったお礼状を添えて贈ることをお勧めします。内容は送別会や餞別をしてくれたことへのお礼の言葉と感謝の気持ち、そして新しい職場ではどのような感じで過ごしているかなどの近況報告や今後の抱負、お礼の品を贈ることのお知らせ、皆さんの今後の健康や、今後もお付き合いをお願いする言葉などをお礼状に記載すると簡単に書くことができます。

●お返しの際の「のし紙」マナー

餞別に対するお返しには通常「のし」は必要ありませんが、職場へのお返しの場合はのし紙を掛けて贈るようにすると良いでしょう。水引は紅白の蝶結びのもので、表書きは「御礼」、「お礼」として表書きの水引を挟んで下段には自分のフルネームを記載すれば間違いありません。

スポンサーリンク